sigさんのNEUTRINOエディターがリアルタイム合成に対応した

AIシンガー

AIきりたんの調声が格段に便利になったsigさんEditorですが、今回リアルタイム合成に対応しました。ピッチを描き替えるたびに合成しなおさなくてもよくなったんだ!

作業動画を見て。

とても速い。

sigさんEditor

sigさんEditorは、見た目がよくて便利なNEUTRINO用エディター。詳しいことはこちらの記事で確認。

NEUTRINO用Editorが来た! マジ最強なので使い方解説する
NEUTRINOきりたん最大の弱点は「ピッチやタイミングをいじろうにも見やすいEditorがない」というところだった。とっつきにくい。 でも、NEUTRINO用Editorを作ってくれた人がいるんですよ。中でも見やすく感動したのが、s...

ダウンロードはこちらから。

sigprogramming/tyouseisientool
Contribute to sigprogramming/tyouseisientool development by creating an account on GitHub.

今回の更新で、

・ピッチをリアルタイムに反映できる
・ビブラートが細かくいじれる
・ファイルをD&Dして読み込ませられる
・ショートカットキーができた
・音量がいじれる
・カラーリングが変えられる

あたりができるようになりました。

ピッチのリアルタイム編集

今までは、ピッチカーブを書き換えたら、そのたびにWORLDを実行しなおさないといけなくって調声をあれこれ吟味するのが面倒だったんですが、今回の更新で「ピッチを描いて再生したらもうその通りに鳴る」ようになったので、いろいろ調声を考えるのが楽になりました。

ビブラート

ビブラートの振幅と周波数を詳細にいじれるようになりました。今まで通りビブラートを適用すると、詳細設定が表示されます。

上の段が振幅で、下の段が周波数。Enterを押すと確定します。

ファイルをD&Dでインポート

これもスピーディーで良い。今までは「basenameから読み込み」機能を使って、プロジェクトの名前を書き込んでボタンをいくつか押してプロジェクトを読み込んでいたんですが、XMLなどを投げればそれだけで読み込みが完了するようになりました。

XMLを投げてもいいし、F0、MGC、BAP、LABなど、どのファイルでも同じく開ける。楽。

ショートカットキー

また速くなった。ピッチ編集ツールなどにショートカットキーが割り当てられました。ピッチ編集なら、

1=やじるし
2=ビブラート
3=鉛筆
4=消しゴム……

が割り当てられている。数字キーを押すだけでツールが切り替えられて速い。

実際に使うとこうなる。私の反応速度のほうが遅い。

音量がいじれる

音量いじれます。CeVIOほど細かくないが、VOCALOIDやUTAUと同じくらいにはいじれる。

色が変えられる

「ファイル→環境設定」から、GUIの色が変えられます。好きな色にすると気分がいい。でも、デフォルトのカラーリングがセンスいいので変えなくてもいい説はある。

どんどん最強になって行って逆に怖い。
タイトルとURLをコピーしました