Macで使えるUTAU的なソフトを紹介

UTAU

新MacOSではUTAU-Synthが使えないと聞いた。

UTAU-Synthは32bitアプリケーションであり、新MacOSは32bitアプリをサポートしないということで、新MacOSではUTAU-Synthが動かなかったりするらしい。

私はWindows派なので「Win使えば?」って平気で言ったりしますが、私も鬼じゃないので、UTAU音源が読み込めるMacで動きそうなアプリケーションを紹介します。

私はMac持ってないので動作検証できないですが、デルタさんに動作確認に協力していただきました。どのMacでも動くかはやっぱりわからないので、全部試してみて、結果的に動くものを選ぶしかないですね。頑張ってください。

動作確認したのはこちら
Mac:2013年製Macbook Air
OS:mac OS Catalina バージョン10.15

UTAU音源が読み込めるもの

UTAU-Synth

要するに本家。32bitなので使えないらしい。

Cadencii

汎用シーケンサー。JAVAのランタイムを古いものに入れ替えないといけないらしく、他のソフトへの影響が怖い。非推奨。

cadencii_jp @ wiki
English 日本語 Cadenciiとは  Cadenciiは、VOCALOID / VOCALOID2システムが使用するvsqファイルを編集するソフトウエアです。VOCALOID / VOCAL...

UTSU

本命です。2018年にリリースされたUTAUクローンソフト。

titinko/utsu
Vocal synthesis frontend. Contribute to titinko/utsu development by creating an account on GitHub.

※「Utsu-0.4.dmg」がMac用

操作性はUTAUほどじゃないが、ひらがな/ローマ字で歌詞を打てば単独音も連続音もそのまま歌わせられる。和音はならせないが、UTAUの基本機能は一通り網羅している。

原音設定機能もあったりする。

UTAU音源は読み込めないもの

UTAUをあきらめる場合はこちらも選択肢として挙がってくる。

・PiaproStudio/VOCALOID Editor for Cubase/VOCALOID5

VOCALOIDの類。お高い。

・Alter/Ego/Aquetone2/EmVoice

VSTプラグインの類。Aquestone2はMacVST対応で、他はAU対応。

EmVoiceは英語のクオリティーが半端ないので英語を歌わせたい場合は良い。ただ、操作の癖がえぐいので最初しばらく格闘することになる。

Alter/Egoは結構労力をかけて英語や英語訛りの日本語を歌わせられる。Aquestone2はゆっくりっぽい接続感。

・RenoidPlayer/Sinsy

Webブラウザで動くので、WindowsとかMacとか一切関係ない。

Renoidは一部のUTAU音源も歌わせられる。基本単独音クオリティーだけど、頑張れば音源も作れる。UTAU音源の読み込みは無理。

Sinsyは無料のCeVIOっぽいやつ。CeVIOに微妙なあこがれがあるMac民にはいいかも。むずいけど。

・SugarCape

Mac専用歌声合成。フォルマントフィルターがないので高いノートでは幼く、低いノートでは野太い声になる。単独音クオリティーで、調声要素はほぼなし。

そして32bitなので動かないと思います。

・SynthV

今、無料で使えてMacで動く歌声合成で、クオリティーと操作性を兼ね備えているのはおそらくSynthVだけ。

UTAUをあきらめる場合におすすめできるのは、VOCALOID系かSynthVだけ。あとの歌声合成ソフトは玄人向け。

Wineとかで動くことを願う系

UTAU音源を読み込める/変換すれば読み込めるWindows用歌声合成ソフト。

Nakloid/なめうぇーぶ/OpenUTAU

いずれもUTAU音源が読み込める(かもしれない)Windows用歌声合成ソフト。↑で挙げたようなソフトが全滅した場合にすがる。

今、MacでUTAU音源を使うならUTSUがおすすめ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました